モンゴ流シャンプーEX 評価

シャンプーの本来の目的

シャンプーの本来の目的は、髪が生えやすい頭皮環境を整えることです。
そして、最近は薄毛の原因を直接阻害する有効成分も配合するシャンプーが増えてきました。

 

モンゴ流シャンプーEXは、育毛を妨げる毛穴の皮脂をスッキリ洗浄させることだけでなく、不飽和脂肪酸を補給し、5αリダクターゼをブロック、炎症、菌の増殖を抑える作用があります。

 

その中でも、管理人が注目しているのが、5αリダクターゼの抑制に効果があるということです。
しかし、多くの方のシャンプーの仕方を見ると、却って頭皮を悪くしている場合が多いようです。
例えば、必要以上にシャンプー剤を使うことや、ちゃんと頭皮を洗えていない、そして最も注意すべきは、すすぎ不足です。

 

モンゴ流シャンプーEXの有効成分を浸透させ、AGA対策に効果的なシャンプーマッサージをしなければなりません。

 

AGA(男性型脱毛症)対策で必要な成分(イラクサ葉・根エキスや桑白皮エキス、バンジロウ葉エキス、アロエベラエキスなどの天然成分)を配合しているモンゴ流シャンプーEXですが、普通の皆さんがやっているゴシゴシ洗いでは、残念ながら毛穴の中まで浸透しません。

 

3分間泡パックだけで頭皮や毛穴に浸透するのか?
モンゴ流シャンプーEXの使用方法の一つ、3分間泡パック。
これをしているから、十分に浸透していると思っていませんか。

 

確かに、しばらく時間をおくことは、普通にさらっと洗って流すよりは少しは浸透するでしょう。ただし、頭皮にはです。
頭皮にある毛穴は、他の肌にある毛穴に比べてかなり深く、奥まで浸透させることは簡単ではありません。

 

ですので、しっかりと浸透させるために、3分間泡パックとは違う頭皮をグルグル動かしながらのシャンプー法をオススメします。
これは、有効成分を浸透させるということもありますが、本来の目的はやはりシャンプーの洗浄剤を毛穴の奥まで浸透させて、余分な皮脂や汚れを取ることなのです。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因の悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは、頭皮の毛穴にある皮脂に存在しているといわれていますので、毛穴の皮脂を除去することが大切です。

 

ただし、洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮を傷めるだけでなく、さらなる皮脂の過剰分泌を招きますので、注意が必要です。

 

毛穴の汚れや詰まりをしぼり出すシャンプー法
モンゴ流シャンプーの効果を上げる方法(AGA対策)

トップへ戻る